ネットで車査定。そんなのあり?

5年落ちで車の売却額が低くなる理由とタマ数

車の査定額は、年式と非常に大きな関係があります。もちろん年式が新しい車の方が、査定額が高くなる傾向がありますね。

 

そして年式には1つのボーダーラインがあって、5年落ちに突入しているかどうかです。一般的に5年落ちの車などは、ちょっと買い取り金額が厳しくなる傾向があります。

 

珍しい車を高く評価する傾向がある買取業者

 

031.jpg

そもそも買取業者というのは、車の珍しさを強化している事が多いのです

 

私は以前に、ある買取業者によるちょっと興味深い話を聞いた事があります。そのお店に対してある乗用車が持ち込まれたのですが、そのお店の査定士は直ちにその車の価値を見抜いたそうです。それで他の業者よりも、かなり高めな金額を出して車を買い取っていたようですね。

 

なぜ査定士がその車の価値が高いと判断したかというと、珍しいです。ほとんど国道を走っていない車なので、非常に希少価値が高いと判断したのですね

 

つまりレアな車は、高く売れやすい訳です。一般的にはタマ数が少ない車は、査定士としても高く評価する傾向があります。

 

5年落ちになるとタマ数が増えてしまうので査定額が下がりやすい

 

047.jpg

そして前述の5年落ちなのですが、実は上記の珍しさと大きな関係があります。一般的に多くの方々は、5年落ちになったら車を手放す傾向があるのだそうです。4年落ちの場合は、まだ手放さない事が多いようですね。つまり5年落ちの車というのは、4年落ちに比べればタマ数が多くなってしまうのです

 

つまり買取業者としては、4年落ちの方が5年落ちの車よりも価値が高いと判断している訳ですね。タマ数が少ないからです。

 

このため中年式の車を高く売却したいと考えているのであれば、ちょっと5年後になる前に査定を受けてみるのが良いと思いますね。

車の一括査定の利用者の方々は、入力項目数を重視している事があります。項目数は、査定依頼の手間に関わってくるからです。
例えばA社の場合は、入力項目数が10個程度だとします。そして極端な例ですが、B社の場合は30個だとしましょう。どちらの方が入力の手間が多いかは、明白ですね。いちいち入力をするのも大変ですので、数が少ない一括査定を選んでいる方も多い訳です。

 

入力項目数が少なめな一括査定サイト

 

ところで一括査定の1つに、オファーズがあります。以前にそのサイトを利用して、車の査定を受けた方がいらっしゃるのです。
そのサイトで情報を入力すると、オファーが届きます。メールでそれを通知してくれるのですが、それがとても便利だと感じていらっしゃったようですね。
そしてその方は、オファーズの入力項目数にメリットを感じていたようです。というのもそのサイトの場合は、数はそれほど多くないのですね。少なくとも上記のB社のように、30箇所も入力する必要はありません。車の情報に関する入力数は少々多めなのですが、個人情報の入力欄は極めて少ないのが特徴的です。電話番号を入力する欄が無いのですね。それでとても手軽にオファーの依頼をする事ができるので、使いやすいと感じていらっしゃるそうです。

 

項目数は少ないができるだけ入力しておく

 

つまりそれがオファーズの魅力の1つですね。余り数が多ければ、途中で入力するのが嫌になってしまうでしょう。しかしそのサイトの場合は必要最小限な情報だけなので、比較的手軽に車の査定を依頼できる訳です。
ただし、できる限り入力する方がオファー金額も正確になる傾向があります。項目数は少なめですが、査定額の正確さを求めるのであれば、極力多くの箇所に入力をしておく方が良いでしょう。
参照サイト様・ハリアーの買取査定で損をしない売却術

続きを読む≫ 2015/05/28 22:41:28

車の買取店によっては、非常にスピーディーに手続きを行ってくれる所もあります。買取店の広告を見ると、即日という点がアピールされている事もありますね。
ではどのような方が即日売却を希望しているかというと、急ぎで別の車を必要としている時です。

 

車が壊れた時の2つの対応策と修理のデメリット

 

例えばある時に、車が故障してしまったとしましょう。そのような時の対応策としては、主に2つ考えられます。
まず1つ目ですが、現在持っている車を修理に出す方法ですね。それともう1つは、現在持っている車を売却して、別の車に買い替える方法です。
ところで前者の方法には、2つのデメリットがあります。まず1つ目のデメリットですが、修理をするとなると費用がかかってしまいますね。それも決して安くない費用です。
もう1つのデメリットは、修理までに時間がかかってしまう点ですね。この2点目のデメリットが非常に大きいと考えている方も、中にはいらっしゃるそうです。
例えば事業用の車です。いわゆるトラックなどを用いている方もいらっしゃるのですが、修理に出してしまうとなるとしばらくの間はトラックを用いる事ができませんね。売上に関わってきますので、それは大変困ってしまうでしょう。

 

車を買い換える方が手っ取り早いので即日買取のお店を利用

 

であれば、むしろ車を買い換える方が良いという選択肢が浮上するのです。確かに多少の手間を発生するのですが、それでも修理で多くの日数がかかってしまうよりは良いと考えている方もいらっしゃるのですね。
そのような時に車を売却するとなると、冒頭で申し上げたような即日のお店を利用する事になるでしょう。急いでいるからです。
ですので「車が壊れてしまったので売却したい」方々などは、即日売却の買取店を利用している事も多いかと思います。

続きを読む≫ 2015/04/03 11:32:03

車の売却をしている方々の状況は色々ですが、その1つに買い替えがあります。つまり現在保有している車から別の車にチェンジをする事になるのですが、その際にはもちろん車を売却しなければなりません。そのような方々は、やはり車の買取業者を利用している事が多いようですね。

 

十数回以上車をチェンジしている方も

 

以前に私は、何回も車の買い替えを行っている方の話を聞いた事があります。確かあの方は、十数回ほど車の買い替えを行っているようです。十数回というのはかなり多い方ですが、その方は常に最新のスペックの車を使いたがっている傾向があるようなのです
十数回も車を買い替えているとなると、さぞかし多くの費用がかかるかと思われるかもしれません。しかし実際には、そうでもなかったようです。その方の場合は、それほど多くの資金を持っている訳ではないようですね。

 

買取専門店を有効活用して安く買い替えている

 

ではなぜ少ない資金でそれだけ多くの買い替えができるかというと、どうもその方は買い取り専門店を用いているようですね。いわゆるディーラーで買い替えを行っている訳ではないようです。
よく聞く話ですが、ディーラーの場合は売却金額が低くなってしまう事が多いです。このため買換えの際に、ちょっとコストが多くなってしまうでしょう。
しかし買取店を通じて車を売却すれば、比較的高値が付く事も多いのです。最近では、そのために一括査定サイトなどを活用している方々も非常に多いのです。かんたん査定ガイドやオファーズなどは、なかなか良いと思いますね。
つまり買取店を有効活用すれば、上記の方のように何回も車を買い換えることが可能になる訳です。常に新しい車を求めているならば、やはり買取店を利用する方が良いと思いますね。

続きを読む≫ 2015/04/03 11:31:03

車の売却方法の1つに、業者オークションがあります。業者オークションは、一般の方々は利用できません。あくまでも業者専門のオークションとなりますので、いわゆる代行業者を通じて出品をする事になります。車が比較的高く売れる事が多いので、その方法を用いている方々は非常に多いと言われているのですが。

 

オークション会場に車を搬入する2つの方法

 

ところでそのオークションで売却をする場合は、必ず会場に車を搬入しなければなりません。そうでないと、会場のスタッフが車の状況を知る事ができないからです。ちなみにオートオークションの会場スタッフは、買取店と違って顧客の自宅まで訪問するような事はありません
その会場に搬入をする方法は、主に2つあります。まず代行業者が指定する場所まで、顧客が車を持ち込む方法です。例えば東京にお住まいの方が横浜エリアのオークション代行の業者を通じて車を売却したいのであれば、まず東京から横浜エリアの業者の店舗に対して、車を持ち込みます。そして業者の担当者が、所定のオークション会場にそれを搬入する流れです。
もしくは陸送業者もありますね。東京まで陸送業者の方が来てくれて、会場まで直接搬入してくれる訳です。

 

陸送業者に搬入してもらう方が良い理由とは

 

ところでその2つの方法のどちらが良いかと言われれば、私は陸送業者をオススメします。というのも車の運転には、常にリスクがあります。会場に持ち込むまでに事故を起こしてしまうと、大変な事になってしまうでしょう。意外とそのような事例は多いらしいので、交通事故のリスクは軽視できませんね。
事故によって落札金額が大きく下がってしまう位ならば、やはり陸送業者を活用する方が良いと思います。費用はかかっても、業者に運搬をしてもらう方が無難だと思いますね。

続きを読む≫ 2015/04/03 11:30:03

人々が車を売却する理由は色々なのですが、その1つは車検ですね。
一般的に多くの方々は、車検直前に車を売却している事が多いようです。車検が残っている時に車を売却する方が、高値が付く可能性が大だからです。

 

なぜ3年落ちの車を売却している方々が少ないか

 

ところでその車検は、車の年式とも大きな関係があります。3年落ちの車は、あまり売却されない事が多いと推理できます。
そもそも車検というのは、まず第1回目は3年目ですね。という事は、3年落ちの車は車検に通ったばかりなのです。
車検に通ったばかりの車を直ちに売却してしまうのは、少々もったいないと思いませんでしょうか。そもそも車検を受ける為には、費用もかかります。しかも、そこそこまとまった金額になります。せっかく費用を支払って車検を通したのに、直ちにそれを売却してしまうのはちょっと勿体ないですね
そしてあと2年間ほど乗り潰せば、今度は5年落ちになります。その際には第2回目の車検が到来する事になります。しかも5年落ちや6年落ちの車となると、売却金額も大きく下がってしまうでしょう。であれば、「とりあえずは5年目まで車を使うようにするのが良い」と考えている方が多いのですね。ですので人々は、あまり3年落ちの車を売却しない傾向があると考えられます。

 

2回目の車検が到来する前に車を売却する方が多い

 

それと5年落ちや6年落ちも同様です。第2回目の車検は5年目になりますが、やはりその前に売却している方々が多いでしょう。6年目に突入したとなると、車検を受けたばかりの時期になってしまいます。ですので5年落ちの車の売却される事例は多く、6年落ちの車は売却されている事例は少ないと推理できますね
このように車検の時期というのは、車の売却件数と大きな関係がある訳です。
3代目エスティマ 買取

続きを読む≫ 2015/04/03 11:30:03