業者オークションで車を売却する際に陸送業者を用いる方が良い理由

業者オークションで車を売却する際に陸送業者を用いる方が良い理由

車の売却方法の1つに、業者オークションがあります。業者オークションは、一般の方々は利用できません。あくまでも業者専門のオークションとなりますので、いわゆる代行業者を通じて出品をする事になります。車が比較的高く売れる事が多いので、その方法を用いている方々は非常に多いと言われているのですが。

 

オークション会場に車を搬入する2つの方法

 

ところでそのオークションで売却をする場合は、必ず会場に車を搬入しなければなりません。そうでないと、会場のスタッフが車の状況を知る事ができないからです。ちなみにオートオークションの会場スタッフは、買取店と違って顧客の自宅まで訪問するような事はありません
その会場に搬入をする方法は、主に2つあります。まず代行業者が指定する場所まで、顧客が車を持ち込む方法です。例えば東京にお住まいの方が横浜エリアのオークション代行の業者を通じて車を売却したいのであれば、まず東京から横浜エリアの業者の店舗に対して、車を持ち込みます。そして業者の担当者が、所定のオークション会場にそれを搬入する流れです。
もしくは陸送業者もありますね。東京まで陸送業者の方が来てくれて、会場まで直接搬入してくれる訳です。

 

陸送業者に搬入してもらう方が良い理由とは

 

ところでその2つの方法のどちらが良いかと言われれば、私は陸送業者をオススメします。というのも車の運転には、常にリスクがあります。会場に持ち込むまでに事故を起こしてしまうと、大変な事になってしまうでしょう。意外とそのような事例は多いらしいので、交通事故のリスクは軽視できませんね。
事故によって落札金額が大きく下がってしまう位ならば、やはり陸送業者を活用する方が良いと思います。費用はかかっても、業者に運搬をしてもらう方が無難だと思いますね。