車検を受けてから車を売却する方は少ない

車検を受けてから車を売却する方は少ない

人々が車を売却する理由は色々なのですが、その1つは車検ですね。
一般的に多くの方々は、車検直前に車を売却している事が多いようです。車検が残っている時に車を売却する方が、高値が付く可能性が大だからです。

 

なぜ3年落ちの車を売却している方々が少ないか

 

ところでその車検は、車の年式とも大きな関係があります。3年落ちの車は、あまり売却されない事が多いと推理できます。
そもそも車検というのは、まず第1回目は3年目ですね。という事は、3年落ちの車は車検に通ったばかりなのです。
車検に通ったばかりの車を直ちに売却してしまうのは、少々もったいないと思いませんでしょうか。そもそも車検を受ける為には、費用もかかります。しかも、そこそこまとまった金額になります。せっかく費用を支払って車検を通したのに、直ちにそれを売却してしまうのはちょっと勿体ないですね
そしてあと2年間ほど乗り潰せば、今度は5年落ちになります。その際には第2回目の車検が到来する事になります。しかも5年落ちや6年落ちの車となると、売却金額も大きく下がってしまうでしょう。であれば、「とりあえずは5年目まで車を使うようにするのが良い」と考えている方が多いのですね。ですので人々は、あまり3年落ちの車を売却しない傾向があると考えられます。

 

2回目の車検が到来する前に車を売却する方が多い

 

それと5年落ちや6年落ちも同様です。第2回目の車検は5年目になりますが、やはりその前に売却している方々が多いでしょう。6年目に突入したとなると、車検を受けたばかりの時期になってしまいます。ですので5年落ちの車の売却される事例は多く、6年落ちの車は売却されている事例は少ないと推理できますね
このように車検の時期というのは、車の売却件数と大きな関係がある訳です。
3代目エスティマ 買取